18歳未満との関係は総じて犯罪

出会い系サイトやLine掲示板ピンク版でセックスフレンドを探す際は、会員の年齢に注意して下さい。条例が実施されて以降、いずれのサイトも18歳未満の登録・利用を禁じていますが、未だに数多く紛れ込んでいるのが現実です。

18歳未満の相手と性行為をすれば、もれなく罪に問われます。同意があっても、それは変わりません。金銭が絡む援助交際は以ての外であり、重い処罰が科せられます。

メール交換やメッセージ交流から実年齢を見抜くことは、まず不可能です。プロフィールページも同様で、やはり実年齢を見抜くことは出来ません。

唯一、写真画像は年齢を推測できる情報を含みますが、検索エンジンを活用すればこの手の画像はいくらでも取得できますからね。つまるところ、疑似餌として使われるケースのほうが多いわけです。

実年齢を見抜くためには、やはり実際に会うことが確実です。あまりにも若々しい相手であったなら、疑いを持ちましょう。

自分では判断できない場合は、居酒屋へ連れて行くのも手です。周囲が見ても“若い”相手であれば、店員が必ず年齢確認をします。未成年の飲酒は、提供者も罰せられるためです。

いずれにせよ、確信が得られない限りセックスNGです。たった一度のセックスで社会的地位を失うなど、あまりにも馬鹿げています。

セフレづくりは遠回りが基本

セックスフレンドを獲得したいのであれば、いかなる状況でも誠実さを持ち、女性に接して下さい。

場合によっては“遠回り”がセックスフレンド獲得への最短ルートになります。最短ルートを希望し「セックスがしたい」「会いたい」と連呼したところで、結果はお察しです。女性はこちらに不信感を抱き、交流は終わります。

それとは逆に、趣味や世間話などを交えつつ距離を縮めた場合は、どうでしょうか。女性はこちらを“良識あり”と認識し、徐々に信頼を寄せてくれます。

なぜ、遠回りをするほどセックスフレンド獲得の可能性が上がるのか。そこには、女性特有の性質が関係しています。

我ら男性が重視するのは、結果です。過程はどうあれ、結果を得られればそれで良しと考えます。しかし女性は、結果ではなく過程を重視します。また、セックスに至る過程にロマンを求めます。

例えセックスに至らず交流が終わったとしても、過程が充実していれば女性は満足します。そうして、また次のロマンを求めて出会いを探します。

出会い系サイトやLine掲示板ピンク版を利用している時点で、その女性はセックスする気を持っています。しかし、それは自らが希望する過程を満たせた場合に限りです。

そのため、私たちには“遠回り”が求められます。また、その過程で信頼を獲得し、安心感を持ってもらうことが必要です。

自分は大丈夫と思う人ほどサクラに注意

出会い系サイトやLine掲示板ピンク版を利用する際は、常にサクラを警戒して下さい。一括りにサクラといっても正体は様々で、特性も異なります。いずれのサイトを利用するにしても、一度は騙される覚悟で臨みましょう。

サクラの正体・特性は様々ですが、目的は共通しています。それはお金です。

もっとも数が多いのは、運営の指示で動いているサクラです。つまるところ“やらせ会員”で、サービスが盛り上がっているかのように偽装すると同時に、男性会員から料金という名目でお金を搾り取ります。

次に多いのは、故意にサクラ行為をしている女性会員です。出会い系サイトやLine掲示板ピンク版の中には、男性とメッセージ交換をすることでポイントを獲得でき、それを換金できるサービスを提供するところもあります。

もともと換金サービスは、女性会員不足に悩む運営が打ち出した“苦肉の策”でした。結果、女性会員の獲得には成功したものの、出会いよりもお金を求める人が増え、皮肉にも男性会員には喜ばしくない結果になりました。

いずれにせよ、こちらに都合が良い発言を繰り返す女性会員は疑いましょう。それは、メッセージ交換を継続させるための餌であり、罠です。本物の女性会員は、セックスを求めながらも貞淑さを捨てていません。そのため過激な発言は控えめで、レスポンス速度も一定です。